ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

ボーケンニュース

TOP > ボーケンニュース > セミナー・イベント > 日本繊維製品消費科学会の2014年 年次大会にて研究発表を行いました
セミナー・イベント

更新日:2014.07.11

日本繊維製品消費科学会の2014年 年次大会にて研究発表を行いました


一般社団法人 日本繊維製品消費科学会の2014年 年次大会が6月28日、29日に京都工芸繊維大学にて2日間開催され、ボーケンからは開発部の吉岡陽一郎、青山尚樹、勝間田晋治、更に金沢工業大学の大箸信一教授が講演を行いました。

日頃取り組んでいる開発業務を中心に、下記の演題の研究発表を行いました。


 post_.jpg


演題及び講演者一覧 

1.カシミヤ繊維のDNA鑑別法              (一財)ボーケン品質評価機構 吉岡 陽一郎


2.熱分解GC/MS分析の応用(繊維鑑別)       (一財)ボーケン品質評価機構 青山 尚樹


3.衣料品における再帰性反射性能の測定      (一財)ボーケン品質評価機構 勝間田 晋治


4.ペプチド法によるカシミヤ等獣毛類の定量分析   金沢工業大学 大箸 信一