ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

ボーケンニュース

TOP > ボーケンニュース > セミナー・イベント > 2012/2013ボーケン展示会 東京会場を終えて
セミナー・イベント

更新日:2013.07.25

2012/2013ボーケン展示会 東京会場を終えて

2013.02.27-03.01

 

昨年末の大阪会場から始まり、国内では最後の東京会場となりました。

今回は3日間、新設しましたボーケン東京本部ビルで開催し、多くの方にこの新しいビルを

ご覧いただくことができました。

開催前は例年の会場とは場所も異なるため、どれくらいお越しいただけるか予想できず、

少し不安でしたが、当日を迎えてみると、開場前からお待ちいただく方も見受けられるほどの盛況ぶりで、

3日間合計1560名の方にお越しいただきました。

  

私も皆さんと同じように東京本部ビルに行くのは初めてだったので、駅からどの方角に歩けばいいのか、

地図を片手に向かいました。

ビルへ到着し、中に入ると、一瞬、会場を間違えたかと思うほど、ホテルのロビーのような雰囲気で、

クラシック音楽の流れる中、普段のボーケンとは異なる制服を着た女性職員が受付を行っていました。

こちらは今回の展示会で皆さまをお出迎えするために、特別にご用意したそうです。

post_29_9.jpg 

 

>> それではまず、1階

今年の1月に新設しました東京本部ビルには研修センター「BOKENアパレル塾」も併設し、

ここでは実際にボーケンで使用している様々な試験機や繊維製品のものづくりに関する資料を

ご覧いただけるようになっております。

そのため、普段見慣れない試験機や編み機を動かすと、皆様注目されていました。

研修センターでは3月より「BOKENアパレル塾」を開校しておりますので、

ご興味のある方は、こちらをご覧ください。 

post_29_7.jpg 

  post_29_10.jpg 

 

>> 次に、エレベーターで4階へ行き、メイン会場へ 

こちらでは、繊維製品・生活用品の事故事例のご紹介や、MMT試験機の展示を行ない、

多くの方が立ち止まってご覧になっていました。

post_29_1.jpg 

post_29_4.jpg 

また、こちらでは一般財団法人 製品安全協会様にお越しいただき、その試験のしくみやSGマークについてご説明いただき、カトーテック株式会社様には他の会場に続き、実際に試験機をお持ちいただき、その機能性の特性についてご説明いただきました。

post_29_11.jpg 

post_29_12.jpg

 

>> 続きまして5階へ

こちらでは、「海外内販相談コーナー」「中国駐在員相談コーナー」を設け、

多くの方々と担当者が名刺交換を行っていました。

post_29_13.jpg 

post_29_6.jpg 

また、同じフロアーにあります大会議室では、ミニセミナーも開催しました。

こちらでも「製品安全とSGマーク制度について」と題して一般財団法人 製品安全協会様に講師を務めていただきました。その他にも東京事業所で行なっております「機能性試験」や「生活用品試験」についてご紹介しました。

ご聴講、ありがとうございました。

ちなみに今回ミニセミナーを行いました会議室や4階のメイン会場となった部屋はセミナールームとしてご使用いただくことができますので、ご用の際はお使いいただければと思います。 

post_29_5.jpg 

 

 

>> では次に3階へと向かいます

こちらは、一部の試験室を自由に見学していただけるよう見学コースを設け、

実際に職員が試験をしている様子をご覧いただきました。

post_29_14-2.jpg 

post_29_3.jpg 

 

 

↑こちらの写真は混用率を調べる試験室で、

「あの天井から伸びてるのは何?」と言われる方が多くいらっしゃいました。
あちらのアームは繊維の溶解試験で発生する有害な気体を吸引するためのもので、

試験を行う場所に応じて、上下左右自由に動かすことができます。

吸引された空気は何層ものフィルタにかけられ、安全な空気として排出されます。

 

今回、新しいビルで展示会を行ない、またこのような見学コースを設けることにより、

皆さまにボーケンを身近に感じていただけるよう工夫いたしました。

今後も、東京本部ビルでは様々なセミナーの開催を予定しております。

詳細が決まり次第ホームページに掲載いたしますので、

皆様のご来場心よりお待ち申し上げます。

 

(大阪業務部 竹村)