ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

ボーケンニュース

TOP > ボーケンニュース > 業務案内 > 消毒用ハンドジェルやスプレー製品のエタノール・メタノール濃度の測定について
業務案内

更新日:2020.05. 7

消毒用ハンドジェルやスプレー製品のエタノール・メタノール濃度の測定
  について

昨今、新型コロナウイルス感染症の発生の伴い、医薬品や医薬部外品(エタノール:76.9~81.4vol%含有)の手指消毒用エタノールの供給が全国的に不足しております。この度、厚生労働省より「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の使用について(改定(その2))」(厚生労働省医政局経済課等 事務連絡 令和2年4月22日)が出され、臨時的・特例的な対応として、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替品として用いることができるようになりました(この取り扱いは、今後のコロナウイルスの流行状況の変化等により、変更・廃止されますので、厚生労働省のHPにて関連情報を確認してください) 。

手指消毒エタノールの代替品としての高濃度エタノール製品は、以下の2つの条件を満たす必要があります。

(1)エタノール濃度が原則70~83%の範囲内であること(消毒効果が十分に得られるよう、より高濃度のものは精製水等で同範囲に薄めて使用すること。なお、新型コロナウイルスに対して、60vol%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告等があることを踏まえ、70vol%以上のエタノールが入手困難な場合には、手指消毒用として、60%台のエタノールを使用しても差し支えないこと)。

(2)含有成分に、メタノールが含まれないものであること。

弊機構では、手指消毒用アルコールジェルやスプレー製品のエタノール、メタノール等の濃度測定(GC-MS)を実施しております。ぜひ、お問合せください。



お問合せ先
大阪認証分析センター
化粧品G
▶お問い合わせはこちら