ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

ボーケンニュース

TOP > ボーケンニュース > 法規制・規格 > カシミヤのペプチド分析法がISO化されました
法規制・規格

更新日:2018.10. 4

カシミヤのペプチド分析法がISO化されました

-国際規格ISO 20418-2(MALDI-TOF MSを利用したペプチドの検出)-

金沢工業大学とボーケンが共同研究開発した科学的な試験方法であるペプチド分析法が2018年9月に
国際規格 ISO 20418-2として登録されました。
ISO 20418-2 Qualitative and quantitative proteomic analysis of some animal hair fibres ・Part 2: Peptide detection using MALDI-TOF MS

ボーケントピックはこちら:https://www.boken.or.jp/knowledge/topic/topic_182.pdf

◆定量可能な獣毛種 ⇒ ヤギ※1、羊毛、ヤク
◆定性可能な獣毛種 ⇒ ヤギ※1、羊毛、ヤク、ウサギ、キャメル※2、タヌキ、ラクーン、アルパカ※2、
ウマ、チンチラ、フォックス、セーブル など
※1 カシミヤとモヘヤの判別は顕微鏡観察によって行います。
※2 キャメルとアルパカの判別は顕微鏡観察によって行います。

この方法は、2014年度繊維学会論文賞も受賞しております。
https://www.boken.or.jp/news/service/post_160.html

金沢工業大ホームページ
https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/0905_cashmere.html

【関連トピック】
topic No.125 「化学分析法」の試験受付開始のお知らせ
topic No.154 カシミヤのDNA鑑別法がISO化されました