ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 衣料品 > 【各種機能性】吸湿発熱性

公開日:2012.05.22/更新日:2015.08. 7

【各種機能性】吸湿発熱性

目的


繊維が湿気を吸収することで発熱する現象「吸湿発熱」の性能を評価するために行う試験です。吸湿発熱のメカニズムとしては、空気中の水分子(湿気)が繊維表面に吸着した際に、自由運動していた水分子の運動エネルギーが熱エネルギーに変換され発熱(吸着熱)し、温度が一時的に上昇するものと考えられます。


試験方法

吸湿発熱性試験(ボーケン規格BQE A 035)
20cm×20cmの試験片を4つ折りにして内部に熱電対温度センサーを取り付け、恒温恒湿機の中で20℃,40%RHの環境下で2時間処理した後、20℃,90%RHの環境に変化させたときの温度変化を1分ごとに15分間測定します。加工品と未加工品を同時に測定し、上昇温度を比較します。


【評価の目安】
加工品と未加工品の最大上昇温度の差が0.5℃以上認められること。

 

【恒温恒湿機に試料を入れた様子】

moisture_exothermic.1.jpg

【試験結果例】

moisture_exothermic.2.jpg

 

BOKENchannel.jpg

関連記事

  • ● 透湿性
    (記事一部抜粋)
     透湿性試験(JIS L 1099)をご紹介。透湿性試験にはA法とB法の試験方法があります。A法は着用状態に近い環境での透湿度測定に適しており、B法は生地の最大透湿度を測定するのに適しています。
  • ● 吸水速乾性
    (記事一部抜粋)
     吸水速乾性(または吸汗速乾性)とは、スポーツ等でかいた汗を素早く吸収し、素早く乾燥させる性能をいいます。吸水速乾性試験には 蒸散性試験(ボーケン法)とMMT(AATCC TM 195またはGB/T21655.2に基づく)を用いた吸水速乾性試験 があり、速乾性のみを評価する試験としては 拡散性残留水分率試験があります。
  • ● 抗菌性(繊維、JIS L 1902)
    (記事一部抜粋)
     抗菌性試験(JIS L 1902、JIS Z 2801)をご紹介。ボーケンでは、SEKマーク及びSIAAマーク認証に必要な抗菌性試験の実施と、JNLA試験証明書の発行が可能です。抗菌防臭加工や制菌加工素材の抗菌性能を評価するための試験です。