ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 化粧品 > 【化粧品・パーソナルケア商品の分析】化粧品の比較分析試験 事例①

公開日:2016.03. 3/更新日:2016.03.28

【化粧品・パーソナルケア商品の分析】化粧品の比較分析試験 事例①

1.試験内容

化粧品の比較分析試験

2.試験品

・クレーム品A
・クレーム品B
・クレーム品C
・標準品①
・標準品②

3.評価項目及び方法

・ 臭気:官能法
・外観:官能法
・比重:比重計法
・含水率:重量法
・エタノール:ガスクロマトグラフ質量分析法
・紫外可視吸収スペクトル:紫外可視分光法
・赤外吸収スペクトル:赤外分光法

4.結果

  クレーム品A クレーム品B クレーム品C 標準品① 標準品②
臭気 異常認めず 異常認めず 異常認めず 異常認めず 異常認めず
外観 淡緑色透明の液体 淡緑色透明の液体 淡緑色透明の液体 淡緑色透明の液体 淡緑色透明の液体
比重 1.008 1.008 1.008 1.007 1.007
含水率(%)※ 99.4 98.5 99.2 99.0 98.6
エタノール(%) 4.72 4.98 4.67 4.50 4.45
クエン酸及び
クエン酸ナトリウム
(%)
0.128 0.129 0.121 0.126 0.124
紫外可視吸収
スペクトル
標準品と差は
認められず
標準品と差は
認められず
標準品と差は
認められず
305nm、415nm、615nmに極大吸収あり 305nm、415nm、615nmに極大吸収あり
赤外吸収スペクトル 標準品と差は
認められず
標準品と差は
認められず
標準品と差は
認められず
標準品と差は
認められず
標準品と差は
認められず

※含水率は、エタノール分も含む
このページをPDFで見る場合はこちら

関連記事

  • ● 化粧品基準とは・・・
    (記事一部抜粋)
      化粧品基準とは・・・ 化粧品基準とは、厚生省(現厚生労働省)より、平成12年9月29日に出された「厚生省告示1第331号」のことです。根拠となる法律は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確...
  • ● 化粧品のマイクロウエーブを用いた分解検討
    (記事一部抜粋)
     1.検体 市販品(日本製)の口紅、ファンデーショマニキュアを用いた。 2.分解条件 Nancy M.Hepp,William R.Mindak,and John Cheng, Determinatio...
  • ● 化粧品基準-配合制限成分(防腐剤・色素以外)
    (記事一部抜粋)
      配合制限成分 ~その1:防腐剤、紫外線吸収剤及びタール色素以外の成分の配合の制限~ 1. 全ての化粧品に配合の制限がある成分 成  分  名 100g中の 最大配合量 アラントインクロルヒドキシア...