ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > アイテムから探す > 服飾雑貨・アクセサリー > 【かばん】把手(取っ手)及びスライドハンドルの取付強さ

公開日:2012.05.29/更新日:2019.06. 4

【かばん】把手(取っ手)及びスライドハンドルの取付強さ

目的

把手の取付強さは、鞄の把手の取付の強度を確認し、安全性を評価する試験です。 鞄の把手が取れてしまう事故やトラブルが起きないよう事前に確認することができます。キャリーケースでも実施可能です。
bag

試験方法 把手(取っ手)及びスライドハンドルの取付強さ:ボーケン法

一般バッグ等(把手(取っ手)の取付強さ)

試験体を固定し、各把手を定速伸長形引張試験機にて引張速度100mm/minで引張り、縫い付け部の破断、把手破断等の異常が生じた時の荷重を測定する。なお、使用時に力がかかる方向(引張方向)及び逆方向(はく離方向)の二方向で実施するものとする。
【判定基準】
容量20リットル未満
(容量×1.0×10)N以上(ボーケン基準)
容量20リットル以上
300N以上(ボーケン基準)

キャリーケース(スライドハンドルの取付強さ)

製品の状態または把手取付部位を切断固定し、各把手をそれぞれ試験機にて破壊するまでか、もしくは最大1000Nまで引張り、最大強力を測定する。
【判定基準】
(容量×1.5×10)N以上
但し、1000Nを上限とする。(ボーケン基準)

関連記事

  • ● 落下強度試験 (ボーケン法)
    (記事一部抜粋)
     落下強度試験 (ボーケン法)をご紹介。ボーケンでは実用性能として、一定の高さから落下させて落下強度試験を実施し、評価を行っています。載荷重に相当する質量のおもりを入れた試験体の底を底面から1m離れた高さから平滑な鉄板上に自由落下させます。
  • ● 走行耐久性試験 (CPSA 0014)
    (記事一部抜粋)
     走行耐久性試験 (CPSA 0014)をご紹介。繰り返しの使用によりキャスターやスライドハンドル等が破損し事故につながる場合があります。ボーケンでは実用性能として、段差のあるドラム上を走行させて走行耐久性試験を実施し、評価を行っています。