ボーケンは、衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の
品質評価試験を実施するグローバル総合試験機関です。

試験・検査のご案内

TOP > 試験・検査のご案内 > 試験方法から探す > 各種機能性 > 【臭い/清潔】抗ウイルス性

公開日:2020.06. 9/更新日:2020.08. 5

【臭い/清潔】抗ウイルス性

抗ウイルス加工とは?

繊維上の特定のウイルスの数を減少させることを目的とした加工のことです。ただし、病気の治療や予防を目的とするものではなく、ウイルスの働きを抑制するものではありません。

試験方法

繊維製品の抗ウイルス性試験 JIS L 1922

ウイルスの種類と宿主細胞:
・インフルエンザウイルス(H3N2、H1N1)-MDCK細胞(イヌ腎臓由来細胞)
・ネコカリシウイルス-CRFK細胞(ネコ腎臓由来細胞)
1.試料(0.4g)をバイアル瓶に入れ、ウイルス液0.2mlを接種し、25℃で2時間放置する(作用)。
2.SCDLP培地20mlを加え試料からウイルスを洗い出し、洗い出した液のウイルス感染価(感染性ウイルス量)を、プラーク法又はTCID50法により測定する。
抗ウイルス活性値=log(対照試料・2時間作用後感染価)-log(加工試料・2時間作用後感染価)
または
抗ウイルス活性値=log(標準布・接種直後感染価)-log(加工試料・2時間作用後感染価)
【抗ウイルス効果】
3.0 抗ウイルス活性値 2.0 効果あり
      抗ウイルス活性値 3.0 十分な効果あり

SEKマーク

(一社)繊維評価技術協議会は繊維製品について、抗ウイルス加工のマーク認証(SEKマーク)を実施しています。

試験対象ウイルスと宿主細胞:
インフルエンザウイルス(H3N2)〔ATCC VR-1679〕-MDCK細胞(イヌ腎臓由来細胞)
ネコカリシウイルス〔ATCC VR-782〕-CRFK細胞(ネコ腎臓由来細胞)


試験方法:JIS L 1922(プラーク法)


【評価基準】
抗ウイルス活性値 ≧ 3.0
※加工の耐久性として、未洗濯と既定洗濯回数の両方での実施が必要であり、洗濯方法と区分ごとの洗濯回数が定められています。

関連記事

  • ● 光触媒抗菌性
    (記事一部抜粋)
     光触媒抗菌性試験(JIS R 1702)をご紹介。試験方法にはガラス密着法とフィルム密着法があり、生地や繊維製品はガラス密着法、タイルやプラスチック製品等はフィルム密着法で実施します。
  • ● 抗菌性(非繊維、JIS Z 2801)
    (記事一部抜粋)
     抗菌とは? 「JIS Z 2801抗菌加工製品-抗菌性試験方法・抗菌効果」では、「製品の表面における細菌の増殖を抑制する状態」と定義されています。これに、カビや酵母などの真菌類は含まれません。 JIS...
  • ● 抗かび性
    (記事一部抜粋)
     抗かび性試験をご紹介。(一社)繊維評価技術協議会のSEKマーク認証の試験は「抗かび性定量試験法」、それ以外の抗かび性試験については「JIS Z 2911かび抵抗性試験方法」に基づいて試験を実施します。