CLOSE

試験方法から探す

プラスチックの生分解性試験

プラスチックの生分解性評価試験については、ISO規格、JIS規格、ASTM規格などにおいて、試験方法が制定されています。試験方法の一例について、ご紹介します。

プラスチックの生分解性評価試験

規格番号ISO 14855-1(JIS K 6953-1、ASTM D5338)ISO 14855-2(JIS K 6953-2)
規格名称プラスチック−制御されたコンポスト条件下の好気的究極生分解度の求め方
−発生二酸化炭素量の測定による方法−
第1部:一般的方法
プラスチック−制御されたコンポスト条件下の好気的究極生分解度の求め方
−発生二酸化炭素量の測定による方法−
第2部:実験室規模における発生二酸化炭素の質量測定方法
概要コンポスト中の微生物による酸素存在下での生分解度の測定
植種源コンポスト
試料形状顆粒状、粉状、フィルム、成形品
(最大表面積が約2㎝角に調整して試験実施)
顆粒状、粉状、フィルム
試験容器2 L~5 L
(スクリーニング目的では2L未満使用可)
250 mL
試験温度58±2℃
(試料の融点が低い場合は任意の温度で実施可能)
58±2℃
試験期間~6ヶ月
(定常期に到達した場合は期間短縮可能、生分解が有意に進行している場合は期間延長可能)
測定二酸化炭素発生量
評価生分解度(%)
CO2濃度測定装置 ISO 14855-2
生分解装置 ISO 14855-2

弊機構ではプラスチックの生分解性評価試験について、試験を受託しております。また、「日本バイオプラスチック協会」の識別表示基準(生分解性プラ、バイオマスプラ)に関する化学分析試験(特定元素・特定有害物質)を受託しております。

日本バイオプラスチック協会の「生分解性プラ」マーク

お問い合わせ先

大阪認証・分析センター
06-6577-0031